金属アレルギー



金属アレルギーとは・・・

 ジュエリーや日用品に使われている金属が、汗や体液でわずかながら溶け、イオン化して体内に入り、次に同じ金属に接触した時に、拒絶反応を起こして皮膚がかぶれる状態(アレルギー性接触皮膚炎)をいいます。



金属アレルギーの要因・・・

 金属アレルギーは、誰でもかかるという訳ではありません。接触した金属とその人の条件でかかります。

 まず金属が溶けやすいかどうかということです。ニッケルやコバルトなどの低品度とされている金属ほどアレルギーを起こしやすいとされています。

 人側の条件では、まずその金属に接触する頻度。次に例えば汗をかくなど、接触する時の条件。汗は酸性で、金属は酸に弱いため、溶けるからです。その他、その人の体質。汗をかきやすいかどうか。角質層が厚いかどうかなど、様々な要因が組み合わさって、アレルギーが引き起こされます。


アレルギーの原因となりやすい金属

 どんな金属でもアレルギーを起こす可能性はもっています。ただ、アレルギーを起こしやすい金属かどうかは下表をご覧下さい。

 *上段から、アレルギーを起こしやすい順です。

1. ニッケル/コバルト/クロム

2. 亜鉛/マンガン/銅

3. 銀/プラチナ/金

4. チタン


金属アレルギーにならない方法

1. 医者でどの金属が自分にとってあぶれるかのパッチテストを行い、かぶれる金属を使わないことで防ぐ事ができま
  す。 
2. 特にピアスは衛生に配慮する。

   最初のピアスは、特に清潔さを保つことが重要。でも、アルコールなどの強い消毒液で消毒し過ぎたためにかぶれ
   てしまうケースも多いようです。

3. ピアス素材の選択に配慮する。

   金、プラチナ、銀もなりにくい金属ですが、チタンがいちばん安全との結果がでています。また、ピアス・ポストの長
   さも重要です。耳たぶの厚い人が短いポストのものをつけていると、耳たぶを常に圧迫し、アレルギーを引き起こす
   原因をつくってしまいます。






























ページトップへ