ジュエリーのお手入れ

 お使いになったジュエリーは、やわらかな布で身体の脂やほこりをふきとり、清潔な状態で他のジュエリーとぶつからないように保管していただくことをお勧めします。しかし、長く使用するとどうしても汚れてきます。汚れてしまってはいくら品質の良い宝石でも、本来の美しさは失われてしまいます。そこでクリーニングが必要になりますが、ここでは家庭でもできる一般的な方法をご紹介します。

 やわらかな絵筆などに薄めた中性洗剤(食器洗い用)をつけ軽く洗います(特に裏側の光を通す穴の部分や、石と石を留めている爪のところなど)。汚れのひどいときは、ぬるま湯につけながら洗うと効果があります。その後、水でよく流し、やわらかな布やティッシュペーパーなどで水分をよく取って下さい。

 最近では家庭でも手軽に使える小型の超音波洗浄機も市販されていますが、天然のエメラルドのように細かいひびの入っている宝石や、サンゴのように硬度の低い宝石などは、超音波の力でくもったり、割れたり、ひびが入ったりすることがありますので、宝石によっては超音波洗浄機の使用は避けるべきでしょう。また、ジュエリーが直接洗浄機のステンレスのケースに触れると、金属のふれたところがつや消しになったり、細かな傷がついたりしますので、ジッパー付の小さな袋に中性洗剤の薄め液とジュエリーを入れ、空気を入れて浮かべるようにして、洗浄機の水槽に入れるとよいでしょう。

 これで汚れもとれて本来の美しさがよみがえりました。縁があって手に入れたジュエリーですから、いつも美しく輝いていてほしいものです。
























































ページトップへ