大人のジュエリー ジュエリーブリゾの店長日記 春眠?

 近頃、しきりと眠いです。みなさんそんな事ありませんか?

そろそろ春・・・のせいでしょうか?

大人のジュエリー ジュエリーブリゾの店長日記 今年も残りわずか・・・

 今年も残すところ後2日となりました。皆様にとって今年はどんな年でしたか?100年に一度の不況といわれるなか、仕事の事・家庭の事、いろいろな事がありました。それでも頑張って、いろいろな人達に助けられ、励まされ、今年も無事に幸せに終える事が出来ました。本当に、お世話になりありがとうございました。そして、今年もBRIZOをご愛顧いただきましたお客様、ありがとうございました。来年も、楽しく頑張って、良い年にしたいと思います。ひきつづき、どうぞ宜しくお願いいたします。

大人のジュエリー ジュエリーブリゾの店長日記 クリスマスパーティーでシター

 大人のジュエリー ジュエリーブリゾの店長です。クリスマスパーティーのアトラクションで、ダミアン原田さんという方が、シターという楽器を演奏してくださいました。このシターという楽器、旧約聖書にも登場する古楽器で、ハープというかお琴というか、四角い板にたくさんの弦が張ってあります。音色は、ハープよりは素朴で少し不安定な感じ。初めて見た楽器だったので、奏法に目をとられることしきりでした。そして、奏者のダミアン原田さんは、国立音大付属高等学校を卒業後、ローマ教皇庁立ウルバノ大学神学科に進まれ、かたわらローマサンタ・チェチリア音楽院、シエナ・ギジアナ音楽院等で学ばれました。フランズ・ブルゴーニュの世界遺産であるサント・マドレーヌ大聖堂のオルガニストを長期間勤め、修道士でもあるという事で、演奏の際には、ヨーロッパの教会で見掛ける、フードのついたたっぷりしたお洋服で来てくださり、聖夜の雰囲気を盛り上げてくださいました。

大人のジュエリー ジュエリーブリゾの店長日記 クエ鍋

 先日、クエ鍋パーティーをしました。先輩が、8.5キロもあるクエを仕入れてきてくれ、更に大先輩の御自宅の大豪邸をお借りしての開催。以前一度だけクエ鍋を食べた事があります。その時は綺麗に捌かれた白身の部分だけを食べましたが、今回はアラの部分もキモも、そしてウロコまで(一枚づつ素揚げにして)食べました。白身の部分は、御造り用、しゃぶしゃぶ用、お鍋用に作ってもらってのクエづくし。(でも私はやっぱり白身が好きです)たっぷり脂がのって、と〜っても美味♪ 準備の為に早めに到着した私は、開会前から御造りをつまみ食いしたり、ビールを飲んだりし始めた為、パーティーも半ば、そうそうに眠ってしまい、楽しみにしていた雑炊までたどりつけずでした。残念・・・。

 このクエという魚、福岡の名物で、大きなものは30キロ程になるそう。九州場所の開催中などは、購入が難しくなる程の人気ということです。

大人のジュエリー ジュエリーブリゾの店長日記 今年最後の音楽

 レニングラード国立歌劇場のオペラが来日し、12月9日に「トスカ」、11日に「エフゲニー・オネーギン」を観てきました。

 友人の政治犯を庇い拷問にかけられる恋人カヴァロドッシを救う代償として、警視総監スカルピアに身体を求められるトスカが、過酷な運命を嘆き、神に祈るシーンで歌われる「歌に生き、恋に生き」。第3幕で、処刑場に引かれていったカヴァロドッシが最愛の恋人を残して死んでゆく絶望を歌う「星は光りぬ」など、リサイタルで聴くのとは全く違う感動で胸が震える思いでした。やっぱりオペラでは、その世界観にどっぷり浸り、そこで聴く名曲ですから、感動必至ですね。

 今年はオペラもコンサートもこれが最後です。夏以降も9月のミラノスカラ座来日の際「アイーダ」を観た後の来日記念特別演奏会に続き、同じくミラノ・スカラ座来日記念特別演奏会として、バルバラ・フリットリのソプラノ・リサイタル、11月にはチェコ国立ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団等を聴きました。あっ、それから今年もサントリー1万人の第九を歌ってきたのでした。4回目の参加です。(来年も当たるかな?)そして、今回の2つのオペラで今年の音楽生活は終わり。新年まで少しお休みです。お正月は家で過ごすので、オペラのDVDをたくさん見ようと思います。

ジュエリーブリゾ店長日記

ホテルの部屋から撮った大阪城です。下のほうに写っているのが、一万人の第九をやった大阪城ホールの屋根。今年もとっても感動的でステキな思い出になりました♪♪

大人のジュエリー ジュエリーブリゾの店長日記 ミラノ・スカラ座来日記念特別演奏会

 9月16日 NHKホールで行われた、ミラノ・スカラ座来日記念特別演奏会に行ってきました。指揮は、ダニエレ・ガッティ。今回の来日でオペラ「ドン・カルロ」を振った指揮者です。演奏と合唱はミラノ・スカラ座管弦楽団・合唱団。この演奏会はヴェルディ・プログラムと題し、「ルイザ・ミラー」「マクベス」「ドン・カルロ」「アイーダ」「オテロ」「ナブッコ」など有名なオペラの選りすぐりの1シーンを演奏するというもの。舞台装置や衣装はないものの、オペラさながらの臨場感で、そのシーンが目に浮かぶほどでした。観たばかりの「アイーダ」の「エジプトの栄光」は、あの凱旋行進の場面が思い出され、なおさらに感動しました。

大人のジュエリー ジュエリーブリゾの店長日記 ミラノ・スカラ座 日本公演「アイーダ」

99NHKホールにミラノ・スカラ座のオペラ「アイーダ」を観に行きました。ミラノ・スカラ座の日本公演は6年ぶりだそう。指揮は、今年のニューイヤーコンサートを振ったダニエル・バレンボイム。チケットを買ってから当日まで、思いを馳せるたびにドキドキ・ワクワクしていましたが、そのスケールの大きさや贅のかぎりを尽くした豪華さ(なんとイタリアから運んできた舞台装置や衣装など10tトラック111台分とか・・)、圧倒的な演奏や最高の歌手陣と、もう幕が開いてからはまさしく夢の世界にいるようでした。凱旋行進の場面にいたっては、目がくらむほど・・。フィナーレの地下牢の清冽な愛を貫く切ないシーンまで、本当に息つくまもない感動の一夜でした。

大人のジュエリー ジュエリーブリゾの店長日記 チョコレートケーキ

先日、上の息子の恋人から手作りケーキをもらいました。最近お料理教室に通い始めたとの事で、その日はケーキを習ったそうです。夕方、息子がうれしそうに出掛けて行ったと思ったら、大事そうにそのケーキを持って帰ってきました。早速いただくと、本当に上手に出来ていて、家族全員で大絶賛。おいしいケーキと、自慢そうな息子の顔になんだかとても幸せになりました。

ケーキ|トラベルジュエリー店長日記

大人のジュエリー ジュエリーブリゾの店長日記 チーズ図鑑

 今日、尊敬する先輩から何やら封書が届きました。ワクワクして開けて見ると、前から欲しかったチーズ図鑑が入っています。先日鍼灸治療院を教えて差し上げたお礼との事(お礼をいただくほどの事はしていませんのに・・)。その方からはたびたび本をいただく事があります。その時々に相談した事や、教えていただいた事にあった本をチョイスしてくださるのです。感激しながらも、読後感などきちんとお伝えする事もなく、いつも少し恥ずかしい思いをしていますが、そんな先輩がいるってちょっと素敵だなぁっと思っています。感謝!必携にして、チーズ通になります。

大人のジュエリー ジュエリーブリゾの店長日記 PMFコンサート

 昨晩、サントリーホールで行われたPMFのコンサートを聴きに行きました。先日のPMFウィーンと違って、フルオーケストラ。指揮はマイケル・ティルソン・トーマス。演目は「ティルソン・トーマス―シンフォニック・ブラスのためのストリート・ソング」、「マーラー―交響曲 第5番 嬰ハ短調」です。マーラーの5番は、金管とパーカッションのインパクトと、同旋律が異なる楽器により受け継がれ音を変えていく様、緩急、大小、それぞれに鳥肌が立つような感動の連続でした。早速CDを買おうと思います。

トラベルジュエリー店長日記

コンサート開始前

ページトップへ